小豆島佃煮の紹介

     
佃煮のはじまり
弊社、中庭 「小豆島 佃煮発祥の地」記念碑
 
小豆島における佃煮産業発祥の歴史は昭和二十年九月二十六日、苗羽出身の武部吉次氏が「いもづる」を原料とした佃煮五十貫余を炊き、
阪神方面へ出荷したのが始まりである。
 時は、第二次世界大戦直後、国民は虚脱状態に陥り、深刻な食糧難と社会不安が日えお追って高ぶる有り様であった。厳しい経済統制の下、原材料の入手難が続き、閉塞状態にあった小豆島醤油業界に、一縷の望みと活路を見出したのが、武部氏による佃煮の生産出荷であった。武部氏は、永年醤油業に携わった経験を活かし、醤油を調味料とした佃煮生産を思い立ち、その原料には、島に豊富で入手容易な「いもづる」に着目した。
 かくて小豆島佃煮は、非凡な閃きと周到な計画、武部氏の信念と情熱によって創業されたが、成功の陰に、武部氏の盟友松下公平、上藤公平両氏の販売・生産両面にわたる協力のあったことを忘れてはならない。その後小豆島佃煮は、伝統ある醤油に支えられ、業界の結束、努力によって年々発展し、今や我国屈指の佃煮産地としてその声価を高めるに至った。
 
 
オリーブ薫る常夏の島「小豆島」その温暖な気候風土によって熟成された特産の天然醸造醤油と、北海道の厳しい自然と寒流のなかで育った“海藻の王者”高級だし昆布とを伝統ある当社独特の製造技術と近代的な設備とにより造り出された<昆布佃煮>逸品です。
 また、伊勢・志摩方面で養殖された“海藻の女王”風味と香りの海苔(ひとえぐさ)の原藻と、当社名産の天然醸造醤油とその他の調味料とを当社独自の製法技術で衛生的な近代設備の整った工場で生産された<のり佃煮>逸品です。その他の製品として、深山幽谷に産すると云われるきくらげ・椎茸・松茸・しめじ・ぜんまい・等の山菜類、野菜類、そして魚介類の「つくだ煮」「うま煮」も謹製しております。食味・栄養ともに誠に申し分ない副食物、嗜好品として皆様のお気に召して頂ければ幸甚に存じます。
 何卒、宜敷くお引き立ての程お願い申し上げます。